HOME >> ヘアカラータイプの白髪染めの特徴

ヘアカラータイプの白髪染めの特徴

ヘアカラーとは、酸化染毛剤で染めるタイプの白髪染めです。 染料に含まれるアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、アルカリ剤によって分解された過酸化水素水で髪のメラニン色素を脱色させ、代わりに髪の内部に酸化染料を浸透させて白髪を染めます。

髪の内部にまで染料を浸透させるので、発色力が高く、一度のカラーリングでしっかりと色を付けることができ、効果も2~3ヶ月持続します。 そのため、白髪をしっかりと染めたい人や色持ちをよくさせたい人、髪が太くて染まりにくい人におすすめです。

ただし、染毛力が強い分髪や頭皮に与える負担が大きく、パサつきや枝毛などの髪のトラブルや炎症などの頭皮トラブルを起こす可能性があります。 特に短期間に繰り返して使用すると、髪のキューティクルが剥がれてボロボロになってしまうので注意が必要です。 また、敏感肌の人は炎症を起こしやすいので、使用前にはパッチテストを行って安全を確認してから使用するようにしましょう。

自宅で簡単にできる白髪染めを選ぼうへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。