HOME >> 白髪を抜くと増えるというのは本当か

白髪を抜くと増えるというのは本当か

昔から、白髪を抜くと増えるから見つけても抜いてはいけないとよく言われますが、白髪を抜くと本当に増えるのでしょうか。

髪が白髪になる原因は、黒髪の元になるメラニン色素を生成するメラノサイト細胞の活動が低下することにあります。 白髪を抜いただけで、必ず白髪が増える訳ではありませんが、抜く刺激で細胞を傷つけてしまう可能性がないとは言えません。

通常、髪の毛は1つの毛穴から2、3本一緒に生えています。 そのうちの1本を無理に抜いて、細胞が損傷してしまうと同じ毛穴から生えている髪の色素が薄くなってしまうことがあります。 一旦白髪になってしまった毛穴からは、基本的に白髪しか生えていません。

また、抜くときに毛母細胞そのものを傷つけてしまうと、その毛穴から髪の毛自体が生えてこなくなってしまうこともあります。 白髪が目につくと、見た目年齢が老けて見えるのでついつい抜いてしまいたくなりますが、細胞を傷つけないためにも白髪は抜かない方がよいと言えるでしょう。 どうしても気になる時には、根元付近で切るようにしましょう。

自宅で簡単にできる白髪染めを選ぼうへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。